BL漫画

【愛も憎しみも沈黙の中で】61話ネタバレ|沈玉は毒を口にして、死を選んで…?

comicoで掲載中の『愛も憎しみも沈黙の中で(QiangTang TheShubl Website+kkworld+BailiJunxi先生)』の第61話のネタバレと感想をまとめました。

【『愛も憎しみも沈黙の中で』前話あらすじ】
鎮北王(ちんほくおう)を殺すように命令され毒を渡された沈玉(ちんぎょく)ですが、そんなことは出来ずに自分から死を選ぶことにします。

しかし、沈玉にはもう少しだけやり残していたことがあって…?

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第61話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://ijamuseum.org/aimoni-matome/

『愛も憎しみも沈黙の中で』第61話「最後の葛藤」ネタバレ

◆いつか話せる

沈玉は、鎮北王へ渡すものの準備をしていました。

自分から毒を飲んで死を選ぶことを密かに決めていた沈玉。

死ぬ前に心残りだったこともすべて済ませて、今の沈玉はいつ死んでも良いと思える状態でした。

 

そんな中、沈玉は扁十四とのやり取りを思い出します。

扁十四は言葉の話せない沈玉はもともと目の前で父親の死を見たからであり、後天的なものであるからして、治療できれば話せるようになるだろうと沈玉には告げてました。

そんな風に自分を気にかけてくれる扁十四のことが凄く有り難く思える一方で、沈玉は今死んでしまえば、扁十四のそんな心配もなくなるだろうと考えて…?

 

◆呼び出し

沈玉がそう考えていると、部屋には鎮北王の使いがやってきました。

なんでも鎮北王が沈玉のことを呼んでいるらしく…そこでは、万が一にもなにか事件がある前にもと、先に以前、前皇帝の燁帝(ようてい)の手下から受け取った毒を飲んでおくことにした沈玉。

毒を口にしてしまった以上、沈玉に後戻りは出来ない状態でした。

 

送られてきた鎮北王の使いに連れられて沈玉は鎮北王の元を訪れますが、そこで鎮北王は酷く怒った様子でした。

なんでも、鎮北王は沈玉に呼び出された場所に行って、そこで燁帝の刺客たちに襲われたというのです。

 

◆自分の仕業に

沈玉はそんなこともあって鎮北王に責められ続けます。

本来であれば、沈玉が刺客を送ったという事実なんてありませんでした。

それでも、これから死ぬのであれば全部背負っても良いと考えている沈玉は、燁帝の刺客たちを送ったことに関しても反論しないでいました。

 

するともちろん、鎮北王は沈玉に裏切られたと感じます。

沈玉ならこんなことはしないはずだと信じていた鎮北王。

しかし、沈玉は自分を裏切っただけじゃなく、殺しにかかったのです。

そんな中、沈玉は自分が鎮北王を裏切ったのは、同じように自分も鎮北王に傷つけられてきたからだと明かしました。

 

◆やっと理解する

沈玉は、ずっと鎮北王に傷つけられてきました。

鎮北王には些細なことだろうと、鎮北王が沈玉を貶したり、暴力を振るったのは何度も行われてきたことです。

だからこそ、鎮北王のことは許せなかったのだと話す沈玉。

鎮北王はそこでやっと、どうしてこんなにも沈玉が振り向いてくれないのか理解できました。

 

自分がしてしまった過ちにやっと気づけた鎮北王。

しかし、今更どうしようもないことだったのです。

 

◆一緒に

沈玉はそこで、鎮北王に対して穏やかに微笑みました。

鎮北王にやっと自分の気持ちが通じた沈玉。

それから沈玉は、このまま鎮北王に殺されたいとも感じていました。

鎮北王に殺されれば、誰も鎮北王の怒りを買ってまで沈玉を助ける人物はいないからです。

 

一方で、全てを理解して…それでも、鎮北王は沈玉が今回、自分を殺すために裏切ったことは許せません。

裏切るようだったら、死んでもらっても良い。

そんな風にして手元にあったおちょこに入った毒を沈玉に見せる鎮北王。

すると沈玉は、特に怯える様子もなく鎮北王が持っているおちょこを奪い取ると、毒を一気に飲み干して…?

 

『愛も憎しみも沈黙の中で』第61話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第61話では、沈玉が2回毒を飲んでしまうシーンがあるのですが、どちらも潔く飲んでいて読んでいて驚いた部分です。

死ぬことへの恐怖も一切感じていない様子の沈玉。そんな感じで沈玉があっさりと毒を飲んで死を選んでしまうシーンは、読んでいて本当に切なくなる展開ですし、凄く印象的なシーンでした!!!

 

『愛も憎しみも沈黙の中で』第61話「最後の葛藤」感想まとめ

お話はいつも以上に切なすぎる展開であり、沈玉はとうとう毒を飲んでしまいました。

もう沈玉にはこの世に未練がないみたいですね。

鎮北王を殺すために受け取った毒を自分から飲み、鎮北王が沈玉を脅すために用意していた毒まで合わせて飲んでしまいました。

元々、以前の正妻であった玳柔(だいじゅう)からの毒もまだ体に残っているので、現在は3つの毒が沈玉の体の中にある状態です。

こんなの…沈玉が無事でいれるはずがありません!!!

 

お話は序盤に扁十四との会話のシーンで、沈玉が話せなくなったのは【父親が目の前で殺されるのを見たから】と話していた衝撃的な場面もあったので、今後、沈玉が話せるシーンを期待したいと思うものの…それ以上に、沈玉が今後も生きられるのか、凄くハラハラする部分です!!

鎮北王の方も、沈玉が目の前で毒を飲んだのを見て、何か感じる部分があるのか?

次回どんな反応をするのかと楽しみな部分です!!

次回も目が離せません!!

\『愛も憎しみも沈黙の中で』第61話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

各サービスごと作品の配信日が異なる場合があります☆

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認されてみてくださいね♪

error: Content is protected !!