少女・女性漫画

14話ネタバレ【ふつつかな悪女ではございますが】|慧月は玲琳に殺されたくて…?

ZERO-SUMオンラインで掲載中の『ふつつかな悪女ではございますが(尾羊英/中村颯希/ゆき哉先生)』第14話のネタバレと感想をまとめました。

この記事では『ふつつかな悪女ではございますが』のあらすじのネタバレを含む内容となっています。『ふつつかな悪女ではございますが』を漫画で楽しみたいという方はコミックシーモア>>なら初回登録なら今すぐ70%オフで読むことができます!

\『ふつつかな悪女ではございますが』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

全話ネタバレ【ふつつかな悪女ではございますが】|最新話から最終回や結末まとめ ZERO-SUMオンラインで掲載されていた尾羊英/中村颯希/ゆき哉先生の作品『ふつつかな悪女ではございますが』の1話から最終話ま...

 

『ふつつかな悪女ではございますが』第14話「玲琳、目覚める・(後)」あらすじネタバレ

場面は、玲琳のもとに現在入れ替わっている慧月から連絡があるシーンです。

炎を使った道術で連絡してくる慧月。

それは玲琳も慧月と話したいと思ったタイミングであり、そんなタイミングばっちりな慧月の登場に玲琳は喜んでいました。

 

一方で、酷く憔悴した様子の慧月。

そんな慧月ですが、昨日、冬雪に自分たちの入れ替わりがバレたことで追い詰められていたのです。

きっと、今頃全部ばらされているに違いない。

そんな風にして震える慧月。

そんな話を聞いていた玲琳の方は、だったら自分たちの体をもとに戻してはどうだと提案するのですが…?

 

そんな提案に慧月は、絶対にできないと強く否定します。

というのも、自分たちの体が元に戻ってしまえば、慧月の処刑が絶対に決められてしまうからです。

今は玲琳の体にいるからこそ、手酷い扱いを受けずにいると感じている慧月。

だからこそ、今、2人が入れ替わってしまうのは大きな問題であり、慧月にとっては絶対にしたくないことで…?

 

切羽詰まった様子で、そう捲し立てる慧月。

そんな中、話を聞いていた玲琳は…それでも処刑をされないように朱貴妃である雅媚が取り計らってくれるのではないか?と慧月を慰めるように口にしました。

朱貴妃である雅媚に至っては優しい人物であり、玲琳はきっとそうだろうと慧月に問いかけるのですが…?

図書館館長
図書館館長
『ふつつかな悪女ではございますが』第14話のネタバレはここまで!続きが気になる方は電子書籍サービスの入会特典でお得に読むことができます!
『ふつつかな悪女ではございますが』第14話は、玲琳と慧月のやりとりが本当に最高だった今回!!中でも殺してほしい、なんて言っちゃう慧月にドキドキなんです!

それからこのやり取りの中では、悪女のフリをする玲琳もすごく可愛くて見逃せないシーン化と思います!!そんなところは、ぜひぜひ読んで楽しんでくださいね!!

\『ふつつかな悪女ではございますが』まるっと1話分を70%OFFで読む/

 

『ふつつかな悪女ではございますが』第14話「玲琳、目覚める・(後)」あらすじ感想

◆殺してほしい

お話は序盤からどたばたで…冬雪に入れ替わりがバレてしまったことから酷く焦っている様子の慧月。

ここはもう、そんな風にして追い詰められてい慧月の姿からは目が離せませんでしたし、なによりこのシーンでは、親のような立場でもあるはずの朱貴妃の雅媚のことすら信じられないなんて口にする慧月がめちゃくちゃ切ないですよね!!

元の体に戻れば処刑されるはずで…だけど、このままの体でいても責められる。

ここはもう、読んでいて本当に切ないシーンでした!!

 

死んでしまいたいと口にしている慧月ですが、玲琳はそんな慧月にどう声をかけるのか?

ここはぜひぜひ、読んで楽しんで欲しい部分でもあります!!!!

何よりこのシーンは、玲琳が慧月のことを褒める展開が最高なんですよね!!玲琳の体はか弱すぎて大変なはずなのに、入れ替わった慧月は根性で生き抜いて…だからこそ、そんな慧月が弱いはずがない!!そんな風に元気づける玲琳が最高すぎました!!

玲琳と慧月は仲良くする展開は、本当に今後が楽しみに思える部分でもありますね!!

◆首謀者は…?

今回、慧月から玲琳に、慧月が最近まで苦しんでいたのは呪いであり、蟲毒という呪いが朱貴妃によって使われたということを明かされます。

玲琳が知っている朱貴妃である雅媚は、優しくて高潔な人物のように思えていたわけですが…?

ここはもう、信じられないと驚く玲琳と、そんな玲琳を説得しようと会話する慧月のやりとりにも宇ドキドキでした!!

 

そうして今回、めちゃくちゃ気になる…雅媚の目標は玲琳だとそう明かす慧月の台詞。

ですがそんな理由を詳しく聞く前に、とある人物がどたばたとやってきて…?

一体、雅媚にはどんな企みがあったというのか?

そんな内容が明かされるのを楽しみに感じますね!!

たしかに玲琳は獣尋の儀で一歩間違えば死んでいましたし、慧月に関しても、つい最近まで蟲毒に悩まされていました。

完全に、雅媚が2人のことを殺しに来ていて…?もう本当に、ここは雅媚の本心が気になり過ぎます!!!!

 

◆尭明の来訪

まさかの皇太子である尭明がやってきた今回!!!

そんな尭明ですが、ここはもう玲琳とのやりとりがめちゃくちゃ面白くて…ここはぜひぜひ本編を読んで楽しんでほしい部分です!!

特にここは、玲琳が尭明に失望しちゃう感じも最高なんです!!

 

一方で、2人の間に辰宇が慌てた様子でやってきます。

そこでは、皇后であり尭明の母である絹秀が倒れたのだというもので…?

すぐにそこで、玲琳の言う蟲毒の呪いが絹秀にも使われたのだろうと察する玲琳。

お話は気になる展開で次回に続きますが…もう段々と目が離せなくなってきましたね!!

 

少し長い説明になりますが…今回玲琳は、黒幕が雅媚だということを教えてもらい、様々なことにピンときます。まず、雅媚が玲琳と慧月を入れかえらせたわけ。幼いころから慧月に何度も言い聞かせて、今回入れ替わりの術を慧月に使わせた雅媚ですが…そうすれば、玲琳の自由を奪えると思ったんですよね。

今まで玲琳が育てていた薬草畑だったり、害虫管理だったり…そんなのは全て、蟲毒という虫を使った呪いをするには、雅媚にとって不都合だったのだろうと考えつく玲琳。そんなところは、なるほどなぁと読んでいて納得できました!

長年ため込んでいた絹秀への復讐をするために、玲琳のことをこうして厄介払いした雅媚。詳しい内容は本編でも明かされていますので、じっくり読んでみてくださいね!!

\『ふつつかな悪女ではございますが』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

当サイトは漫画を購入して読むことを推奨しております。ネタバレは作品の途中までの内容となっておりますので、続きが気になる方は電子書籍サービス入会特典などを使ってお得に読まれてください。

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

各サービスごと作品の配信日が異なる場合があります☆

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認されてみてくださいね♪

error: Content is protected !!