少女・女性漫画

【氷の城壁】11話-20話ネタバレ|仲良くなった4人は勉強仲間になって・・

マンガMeeで掲載中の『氷の城壁(阿賀沢紅茶先生)』第11話~20話話のネタバレと感想をまとめました。

この記事では『氷の城壁』のあらすじのネタバレを含む内容となっています。『氷の城壁』を漫画で楽しみたいという方はコミックシーモア>>なら初回登録なら今すぐ70%オフで読むことができます!

\『氷の城壁』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

『氷の城壁』第11話~20話話あらすじネタバレ

◆11話 3人で勉強

陽太に助けられた小雪は、一緒に公民館で勉強をすることになりました。

二人で並んで勉強する陽太と小雪を見た、美姫は驚きます。

公園で飲み物を飲みながら事の経緯を聞いた美姫ですが、雨宮湊とも顔見知りになったと、小雪から聞き、少し表情を曇らせるのでした。

そして3人は、明日も公民館で勉強をする約束をして別れるのでした。

◆12話 気になる二人

昨夜、彼女に振られてしまった湊ですが、ぜんぜん悲しそうにしていません。

いつも通りに振る舞う湊ですが、昨日見かけた陽太と小雪の様子が気になります。

すると、小雪が偶然保健室から出てくるところに出くわします。

いつも通り強ばる小雪ですが、後ろにいた陽太の顔を見ると顔つきが優しくなって・・。

◆13話 自分の顔

試験に向けて今日も公民館で勉強に励んだ3人は、明日は陽太の教室で勉強することになります。

陽太の教室はうるさいクラスなので、不安になる小雪でしたが、放課後なので大丈夫だと言われ、安心します。

家に帰った小雪は、洗濯物を取り込もうと窓に向かいますが、そこに映っていたのは顔がにやけていた自分の顔で・・。

◆14話 放課後の勉強会

放課後約束通り、陽太の教室に集合した小雪ですが、美姫から遅れると連絡が入ります。

すると、そこに湊が現われると、陽太に電話が入ってしまい、二人きりになってしまいました。

気まずい空気が流れる二人ですが、そこに戻ってきた陽太と美姫がやってきます。

昨日彼女に振られた湊は、自分も仲間に入れてくれと言いだして・・。

◆15話 賑やかな勉強会

4人で勉強をすることになり、賑やかな勉強会が始まりました。

陽太と小雪の雰囲気から、小雪が陽太を好きなのではないかと思う湊ですが、陽太を好きになることを心配してしまいます。

同じく、美姫は湊と小雪の関係が気になってしまい、根掘り葉掘り出会いの事を聞いてしまいます。

あまりに美姫が湊の事を聞くので、小雪は美姫は湊が好きなのだと思うようになり・・。

◆16話 聞きたくない名前

登校途中で湊に出会った小雪は、今度のサッカー部の試合に、中学生時代のトラウマである五十嵐がやってくることを聞きます。

五十嵐が来ることに動揺を隠せない小雪ですが、五十嵐のことは知らないと嘘をつきます。

放課後も4人で集まることになっていた小雪ですが、どうしても美姫の湊に対する感情が気になってしまい・・。

◆17話 湊との距離感

湊と昇降口ではち合わせた小雪は、湊に連絡先を聞かれます。

美姫の思い人が湊であったら、湊と仲良くしているところを見られるのは、良くないだろうと考えた小雪は、美姫に見られないように気をつけます。

そして放課後、いつものように4人で勉強しますが、湊が小雪に彼氏の有無を尋ねてくると、美姫の視線が怖いくらい無表情になっていて・・。

◆18話 湊との出会い

中学の頃、学校より離れた塾に通っていた美姫は、1人ぼっちのところを湊に救われます。

しかし陽太曰く、湊はひとりぼっちの人を可哀想に思うと、その人に声をかけているようです。

そんな美姫は、湊が小雪に近づいてきた理由も、小雪が可哀想だからなのではないかと警戒すると、これ以上小雪に近づくことが気になって・・。

◆19話 優しさの押しつけ

美姫は湊が今まで1人ぼっちの人に声をかけてきたことは、単に自分に依存して欲しいだけの同情行為だと責めます。

湊の行為が同情だとわかった時、小雪が傷つくのを見たくない美姫は、これ以上小雪に近づかないで欲しいと告げます。

それを聞いた湊は、きっかけは同情からだったとしても、今はそんな風に思っていないと言います。

そして、過去に美姫に声をかけた時も、美姫に辛い気持ちにさせていたと知った湊は、謝罪をしますが・・。

◆20話 泣いていた美姫

湊と飲み物を買って戻ってきた美姫は、明らかに泣いていた跡がありました。

湊と美姫の間に何かがあったと心配する小雪ですが、テスト後に集まった昼食でもいつも通りの二人です。

食事を待つ間、湊は小雪に普段の生活について話題を振ったのですが、小雪は自分の内側を人に話すことが未だに怖くて・・。

 

図書館館長
図書館館長
『氷の城壁』第11話~20話話のネタバレはここまで!続きが気になる方は電子書籍サービスの入会特典でお得に読むことができます!
『氷の城壁』第11話~20話話は、試験勉強がきっかけで、少しずつ人と関われるようになってきた、小雪の心境の変化が伝わってくるシーンが多いので、小雪の変化を是非見逃さないで欲しいです。
そして、美姫が小雪を思って湊に今まで感じた思いをぶつけるシーンでは、美姫の小雪への思いが溢れていて感動するので、見所です!

\『氷の城壁』まるっと1話分を70%OFFで読む/

『氷の城壁』第11話~20話話あらすじ感想

◆放課後の勉強仲間

小雪と陽太が二人でいることを想定していなかった美姫は、二人が並んで勉強している事に驚きます。

この時の美姫の驚いた顔が、ドッキリを仕掛けられた人のようで、面白かったです。

人と関わる事が苦手な小雪が、陽太とここまで短時間で仲良くなっていたのには、正直驚きましたが、陽太の雰囲気が小雪には合ったのだと思うと、嬉しかったです。

美姫が驚いた時、サプライズが成功したと陽太と小雪が笑い合っている姿は、本当に良い雰囲気で、このまま小雪と上手くいってくれないかなぁ~なんて、期待してしまいます♪

陽太は目が悪いので、勉強中はメガネをかけているんですが、メガネをかけている姿は、ギャップのある雰囲気でドキッとさせられます。

メガネ男子好きの私としては、陽太のメガネ姿は知的に見えて、カッコよくて大好きです♪

帰り道に3人は自販機で飲み物を買って、飲むシーンがあるのですが、勉強後のこういう時間が楽しいんだよね~と懐かしく思いました。

こうやって放課後勉強する仲間がいるって、素晴らしい事ですよね。

試験勉強に取り組む3人を見ていると、青春時代を思い出しました!

◆自分の変化に戸惑う小雪

小雪は自分自身が明日を楽しみにしたり、気がついたら顔がにやけていたり、明らかに変化が出ていることに戸惑っていました。

小雪は家に帰ると、今日3人で勉強したことや、明日も一緒に勉強できることを思うと、顔がにやけてしまうんです。

本人が一番驚いていましたが、どんどん小雪の心境も変化して、表情にも表れるようになってきたんです。

小雪の穏やかに自然と笑みが出てくる様子を見ると、少しずつ小雪の表情が変化していく描写が上手く描かれているなと感じました。

でも小雪は色々な事があって、一人でいることが楽に感じている女の子なので、人と関わりたくない自分と、陽太達と過ごす楽しい時間を楽しみにしている自分がいて、葛藤します。

この葛藤が小雪にとって、良い葛藤になってくれたら良いなと思います。

一人でいる自分も小雪で、みんなといる小雪も小雪なので、自分の思うままに選択してくれたらいいな、と思いました。

◆小雪を思う美姫

小雪の幼なじみである美姫は、湊が小雪に近づくことを心配していました。

女の子に本気で恋をすることがない湊が、安易な気持ちで小雪に近づいて欲しくなかったようです。

最初は湊の事を好きだから、小雪と仲良くして欲しくないだけなのかな?と思っていましたが、とんだ勘違いでした。

湊と小雪が楽しそうに会話をしているのを見ている美姫の表情は、怒っているのかよく分かりませんでしたが、全ては小雪を守らなければという、強い思いから出た態度だったみたいです。

小雪を可哀想だと思って近づいているのであれば、小雪には近づくなと言う美姫の表情は真剣で、仲の良い湊や陽太より、小雪が一番大事な友達だと思っている様子がイラストから伝わってくるほどでした。

まるで湊に変わって自分が言われていると思えるほど、迫力のある描写です!

そしてついに、湊が小雪に近づくことを恐れた美姫は、湊へ今までの思いをぶつけてしまいます。

湊はひとりぼっちでいる人を見ると、声をかけずにはいられない性格のようですね。

それが美姫には同情だったと知ったとき時、辛い思いを抱いてしまったのですね。

美姫は自分がしたような思いを、小雪にはさせたくないと言います。

美姫は小雪と過去に何かがあって、二度と傷つけたくないという思いが強いようで、そこの部分からくる発言のようですが、本当に美姫は小雪のことが大切なんだなと、知ることのできる感動的なシーンでした。

このシーンの美姫の小雪への熱い思いは、描写からもとても伝わってきました。

こんな幼なじみがいる小雪は幸せだな~と思いました。

◆湊の同情

美姫は、湊は同情からひとりぼっちの人に声をかけていたようで、それは湊の身勝手な行為だと怒ります。

ひとりぼっちの人を同情からでも、声をかけて心を開かせることができるのって、湊だからなのではないかと思います。

湊には湊の正義があって、でもそれが同情から来るものであっても、実際に救われてきた人も少なくはないのでしょうか。

実際に美姫もそれで救われたはずですが、美姫はだからこそ辛かったのかもしれませんね。

そんな美姫に、湊は辛い思いをさせてごめんねって、すぐに謝ってくれます。

指摘されたことを素直に認めて、謝ることができるって、湊はスゴイ心が広い人なんだと思いました。

最初の頃に出てきましたが、湊は皆が笑っていて欲しいと願う人なんですよね、その優しさが、時にこういった誤解を生むのであれば、残念だなと感じました。

美姫と湊が互いの気持ちをぶつけ合うこのシーンは、本当の友情がそこにあって、確かなモノだからこそ描けたシーンだと思います。

最後には笑い合える二人の友情がとても素敵でした!

小雪に同情ではない興味を持ち始めた湊と、小雪に幸せになってほしい美姫、そして小雪を笑顔にさせてくれる陽太。

この4人がこの先どんな形で友情を築きあげていくのか、続きが楽しみです!

\『氷の城壁』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

当サイトは漫画を購入して読むことを推奨しております。ネタバレは作品の途中までの内容となっておりますので、続きが気になる方は電子書籍サービス入会特典などを使ってお得に読まれてください。

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

各サービスごと作品の配信日が異なる場合があります☆

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認されてみてくださいね♪

error: Content is protected !!