少女・女性漫画

【皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~】22話ネタバレ|手に入れたのはイグニスの力ではなく!?

めちゃコミックで連載中の『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~(Anne/Steak/Jaha先生)』の第22話のネタバレと感想をまとめました。

【『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』前話あらすじ】

ローハンの協力により、第一騎士団や近衛隊長に第二騎士団の実力を認めさせることができました。
アセンシオも気に入り、ここまでの準備は万端です。
そして力を手に入れるために新しい方法を試したエリサは・・・。

『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』22話「来るべきではなかった存在」ネタバレ

◆食卓を囲んでいるみんながエリサを心配し・・・

レオンは食卓についたエリサに、リンゴを食べるよう勧めます。

一緒に食卓を囲んでいるアセンシオも、皇太子宮のコックに作ってもらった食事をもっと食べるように言いました。

ジリアンもいっぱい食べるから、エリサもたくさん食べるように勧めます。

みんながいっぱい食べて元気を出すように言っているのは、今朝エリサが血を流して倒れていたからでした。

昨夜、力を得るために新しい方法を試していたエリサは、今朝、マリーによって血の海に倒れているところを発見されたのです。

マリーは事を荒立てないように秘密裏に動こうとしてくれたのですが、数人の侍女に知られてあっという間に噂は広がりました。

エリサはマリーを慕って、きちんと指示を守れる侍女を選ぶように言っておかないといけないと思います。

エリサが皿に盛られた料理を食べ終えて口を拭いていると、赤毛の侍女がデザートの用意ができている声を掛けるために近づいてきました。

すると赤毛の侍女は突然悲鳴をあげて飛びのき、しりもちをついてしまいます。

赤毛の侍女はエリサにカップの中に人の顔が見えて驚いたのだと、謝罪しました。

カップを手元に寄せたエリサは、大丈夫だと言って侍女を下がらせます。

 

◆食事を終えて誰もいなくなった食堂で・・・

エリサは誰もいなくなった食堂でため息をつき、やっと終わったと言いながらテーブルに近づきました。

血を吐いて倒れていたところを発見されたせいでみんなに心配されてしまったことを踏まえ、次回からは血を吐いても片付けてから意識を手放さないといけないと反省します。

エリサは先ほど手元に寄せたカップのフチを指で触れ、さっきのはウンディーネの仕業だろうと声を掛けました。

するとカップの中に入っていた液体はカップから飛び出して、カップに入る程度の小さな人の形をかたどります。

エリサはカップの中から聞こえる笑い声を聞きながら、どこを間違ったのか疑問に思いました。

エリサの精霊との相性属性は火なので、例え何か問題が有ってイグニスと繋がれないとしても火の下級精霊が来るはずなのです。

しかし今回はなぜか水の精霊であるウンディーネが来てしまいました。

昨夜は呼び出してすぐに倒れてしまったので、エリサには契約した記憶がありません。

もしかすると下級精霊は呼び出した時点で、自動的に契約されるのかもしれないとエリサは分析します。

しばらくするとカップの中にいたウンディーネは姿を消し、精霊かいに戻って行きました。

エリサは精霊を呼ぶためには、自分に合うマナを抱いた新しい宝石を勝った方が良いのか思案します。

 

◆庭の手入れの仕方に文句を言う第一皇妃・・・

第一皇妃は庭の手入れをしている使用人に、全然ダメだと文句を言います。

第二皇子の誕生パーティーの後も来客の話題になるよう、誰もが目を奪われるような形にするよう命令しました。

第二皇子の誕生パーティーの準備は問題なく進んでいるから心配いらないと声を掛けた女性は、第一皇妃に日傘をさします。

第一皇妃はその女性にエリサのことを聞いたかと尋ねました。

エリサが倒れたことは理由とともに、首都では噂になっています。

マナロードは一度壊れたら二度と回復しないと言われており、死にかけてまでこだわるエリサはバカのようだと第一皇妃は思いました。

そんな執念を持っているのに無表情で、何も望んでいないかのように振舞うエリサが癪に触って仕方ありません。

第一皇妃に傘をさしている女性は、エリサがそんな事をしたのは危機感を抱いたのだろうと言います。

今回のパーティーで身なりを整えるために、高級な宝石を購入するという噂も有りました。

しかしエリサの財政状況では、高級な宝石を購入できるとは思いません。

そんな話を聞いた第一皇妃が女性に耳打ちをすると、女性はかしこまりましたと返事をします。

第一皇妃はパーティーでエリサの無表情を崩して、泣かせてやる気満々でした。

 

◆本を読んでいたエリサに・・・

エリサが自室で本を読んでいると、マリーが捜していたものが見つかったと伝えにやってきます。

マリーは普通の贈り物とは思えず、困惑しながらどうしたらいいかと声を掛けました。

エリサは宝石を誰かが意図的に準備したものだろうと予測しますが、今は選んでいる暇はないと思います。

エリサは手にした本を置いて、マリーに宝石を見せるように言いました。

並べられた3つの宝石を見たエリサは誰が送って来たのか考えます。

ダイヤモンド。

サファイヤ。

真珠。

一番意外な耳飾りにエリサは見覚えがありました。

エリサはとにかく試してみることにして、ドレッサーの前に座ります。

『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』第22話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第22話では、ウンディーネの姿が可愛らしいですよ。
水の精霊ですが、紅茶でヒト型を作ったので青色ではありません。
イメージ的に水なら青と思っていましたが、今回は紅茶色です。
カップに入っていなかったら火の属性かと思ってしまいそうですが、そのカップに入っている姿もまた可愛らしいです。

『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』22話「来るべきではなかった存在」感想まとめ

口から血を流して終わった前回は、エリサに何かあるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、倒れただけで済んで良かったですね。

血を吐いても片付けてから、気絶しようと思ったエリサ。

思わず、そんなんムリ!と突っ込んでしまいました。

でも吐いた血の海で発見されたというのに、普通に朝食を取れるエリサはすごいです。

心配かけないように無理をしているのか、それとも血は吐いたけどそこまでおおごとでは無かったのか。

どちらにせよエリサはかなり逞しいですね。

そして第一皇妃の意地悪そうな顔と、使用人に対する態度。

見事、敵役。ライバル役。といった雰囲気ですね。

第一皇妃に日傘をさしたのは、取り巻きか何かでしょうか。

何やら悪だくみを命令されたようですが、エリサの元に送られてきた宝石はこの女性の仕業ですかね。

誰からの贈り物か分からない宝石を身につけようとしているエリサが心配です。

第一皇妃から宝石泥棒扱いされるんじゃないかと、疑ってしまいます。

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認してみてくださいね♪

error: Content is protected !!