少女・女性漫画

【ワタシってサバサバしてるから】24話ネタバレ|網浜が提出した編集部の取材原稿は!?

めちゃコミックで連載中の『ワタシってサバサバしてるから(江口心/とらふぐ先生)』の第24話のネタバレと感想をまとめました。

【『ワタシってサバサバしてるから』前話あらすじ】

米沢と一緒に社内取材をすることになった網浜は、アポイントも取らず古巣の編集部を訪れます。
編集部内を勝手に取材していた網浜は・・・。

『ワタシってサバサバしてるから』24話ネタバレ

◆社史編纂室に戻った網浜・・・

網浜はドスドスと足音を立てて、社史編纂室に戻りました。

後についていた米沢は、疲れ切った様子で千堂に戻ったことを報告します。

席に着いた網浜は目の前の席の木内が、未だに先ほどと同じ入力をしていることに気が付きました。

網浜は仕事は質とスピードのバランスが大事だと偉そうに言いますが、木内は愛想笑いを浮かべるだけで何も言い返しません。

ただでさえイライラしていたのに何も言わない木内に余計に苛立ち、網浜は編集部の取材原稿に取り掛かりました。

取材できなかった部分は自分のセンスと経験で作り上げると意気込んだ網浜は、キーボードの音を荒々しく立てながら入力していきます。

 

◆完成した編集部の取材原稿・・・

網浜はプロの編集者の仕事を見せつけるつもりで完成させた取材原稿を、意気揚々と千堂に提出しに行きます。

まだ入力作業をしている木内に、仕上がりの速さを見せつけました。

女性誌の編集部の取材記事がもうできたのかという千堂に、網浜はこのくらいは余裕だと言ってプリントアウトした記事を渡します。

自分の実力を見せつけたつもりの網浜は、自慢げな表情を浮かべていました。

しかしニコッと微笑んだ千堂はやり直しを指示します。

納得できない網浜が食って掛かろうとしていると、原稿を仕上げた木内が千堂に確認をお願いしに来ました。

確認した千堂は木内の丁寧な原稿に、すぐOKを出します。

 

◆ボツの理由・・・

網浜は自分の原稿のどこがいけないのかわからず、千堂にどこが悪いのか答えるよう詰め寄りました。

網浜の原稿は内容以前に日本語がおかしく、誤字脱字も多かったのです。

内容も含めて全体的に雑な原稿で、今まで編集部で仕事をしてきた人物の原稿とは思えませんでした。

網浜は自分の能力が高すぎるせいで、千堂には理解できないのだと解釈します。

潰される前に前の編集部に戻る策を考えないといけないと思った網浜は、デスクの近くに置かれた社内報が目に入りました。

社内報には社内コンペの案内が書かれていて、網浜は編集部に戻るチャンスだと思います。

網浜の急な笑い声が聞こえた米沢は何事かと驚いていました。

図書館館長
図書館館長
『ワタシってサバサバしてるから』第24話のネタバレはここまで!続きが気になる人は電子書籍サービスの入会特典でお得に読めるんだ!
『ワタシってサバサバしてるから』第24話は、千堂が木内の原稿にOKを出したときのほんわかした雰囲気から、網浜の原稿の悪いところを指摘するときの厳しい雰囲気に豹変するのが怖いですね。
やはり千堂の笑顔は表面だけなのだと思いました。
網浜は千堂のことを舐めているようですが、あの一瞬で木内の記事に目を通してOKを出せる千堂はかなり能力が高いはずです。
そんな千堂を怒らせるのは得策ではないと思いますが、網浜がわかるわけがないですよね!

『ワタシってサバサバしてるから』24話感想まとめ

◆プロの編集者じゃないから!

苛立って社史編纂室に戻った網浜は、プロの編集者の実力を見せてやると意気込んでしましたね。

でも網浜はプロどころか編集者の経験もないじゃないですか。

経験もないのにスピードだけ速く記事をかき上げても、いいものができるわけがありません。

自分で質とスピードのバランスが大事と言っておきながら、質は無視してスピード重視の仕事をしているのですから呆れてしまいます。

しかも日本語がおかしいってどういうことでしょう。

網浜がどんな記事を書いたのか、ある意味興味がわきました。

少しでも見せてくれると嬉しかったのですが、一切 わかりませんでしたね。

 

◆意外と強い女性かも

木内は意外と強い女性かもしれませんね。

網浜に偉そうな態度で仕事について語られても愛想笑いだけでスルーしていましたし、千堂に食って掛かろうとしている網浜の話を遮って自分の原稿を見せに行くんですもの。

急ぎの原稿ならともかく、網浜の記事もできていないのですから急ぎではないはずです。

それなのに千堂と網浜が話している間に入り込んで、原稿を渡す精神力は強いと言えるんじゃないでしょうか。

もしかしたら網浜がやり直しを指示されていたから、あえてそのタイミングで出したのかもしれないとさえ思えてしまいます。

それが仕事の丁寧さを見せつけるためだったとしたら、木内は意外としたたかな女性かもしれないですね。

でも網浜に絡まれそうになった千堂を守ろうと、あえてそのタイミングで話しかけた可能性も考えられます。

千堂を守ろうとしたのなら、千堂のことを信頼して尊敬しているのかもしれないですね。

 

◆能力が高すぎてって

網浜は自分の能力が高すぎて、千堂には理解できないと思ってしまいましたね。

千堂の言葉は全く届いていないようです。

そもそも能力が高い人は、誤字脱字が多い原稿を提出したりしないでしょう。

それに千堂が日本語がおかしいと指摘したということは、もしそのまま社内報に掲載されても同じようにおかしいと思う人がいるということでしょう。

網浜は元からつぶれる才能もないので、つぶされる訳がありませんよ。

それにしても最初は男にモテる自慢だけだった網浜の自己評価は、どんどん高くなっているような気がしませんか。

部署異動になってから余計にひどくなっている気がします。

当サイトは漫画を購入して読むことを推奨しております。ネタバレは内容の途中までのご紹介となっておりますので、お話しの続きが気になる方は電子書籍サービス入会特典などを使ってお得に読まれて下さい。

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

各サービスごと作品の配信日が異なる場合があります☆

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認されてみてくださいね♪

error: Content is protected !!