少年・青年漫画

10話ネタバレ【ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない】|久しぶりに時子の部屋を訪れた武村が!?

COMICらぐちゅうで掲載中の『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない(増田ちひろ/ 裏地ろくろ先生)』の第10話のネタバレと感想をまとめました。

【『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』前話あらすじ】

市役所に避難してきた武村と美月たちは、一つの世帯として扱われることになります。
市役所には医務室もあって、隆司は治療して貰えることに・・・

\『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第10話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

https://ijamuseum.org/zonbino-matome/

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』10話「時子」ネタバレ

◆久しぶりに自宅に戻った武村は・・・

久しぶりに自宅マンションに戻った武村は、部屋に隠し持っていた拳銃をどうしようか考えます。

市役所にかくして持ち込むことはできなくもないでしょうが、ばれたときが厄介です。

市役所近くに隠しておくことも考えますが、やはりいざという時に使えるよう側に持っておきたいので車の中に隠そうかと考えました。

武村は部屋の中に避難するのに使えそうなものがないか確認します。

一通り確認した武村は冷蔵庫にあったビールを久しぶりに味わいますが、残り一缶になってしまいました。

時子の部屋にならビールがあるかもしれないと思いついた武村は、時子を解放することを忘れていたことを思い出します。

 

◆時子の部屋にやってきた武村は・・・

時子の部屋に行くと、椅子に拘束していたはずの時子が床に横たわっていました。

後ろ手にはめた手錠はそのままなのですが、手錠と椅子をつないでいたタオルが溶けていたのです。

武村は疑問に思いつつ、時子の顔を叩いて話しかけました。

しかし時子は目を閉じたまま反応を返しません。

寒さが厳しくなるにつれて、外のゾンビたちは地下や屋内に移動していたことは知っています。

しかしまるで冬眠した動物のよう全く動かないゾンビは見たことがありませんでした。

武村が揺さぶっても内ももや胸を触っても、時子は反応を返しません。

武村は部屋の鍵だけ開けて放置しておけば、動くようになってそのうち出ていくだろうと考えました。

 

◆時子の部屋でくつろぐ武村は・・・

時子の部屋にあったお菓子やビールを集めてくつろぎながら、これからのことを考えていました。

救助のヘリが市役所に到着する明日の夜に戻れば、一日いなくなったことを気が付かれることもないことが想像できます。

武村は昼間に街の様子を確認しておくためにもう寝ておきたいのですが、神経が高ぶっていて眠れそうもありませんでした。

こんな時はお酒で紛らわすしかないと思った武村は新しいビールを開け、深月と共同生活を送り始めた当初のことを思い出します。

しかし市役所に到着したことで深月との共同生活も終わりを告げました。

武村は深月との共同生活を思い出し、くだらないと笑みを浮かべます。

 

◆眠りについた武村を・・・

お酒を飲んで眠りについた武村は、午前3時前に床のきしむ音で目が覚めました。

ベッドで眠る武村に時子が馬乗りになって、首筋にかみつきます。

時子を突き飛ばした武村は、意識を失うまでお酒を飲んだことを後悔しました。

いくらおとなしいとは言っても、時子はゾンビなのです。

ところがかみつかれたはずの首筋は唾液にまみれていて、血は一滴も流れていません。

武村は再びとびかかろうとする時子の肩をつかんで止めようと、時子をベッドに押し倒しました。

時子は武村を獲物として見ているようですが、肉を食べたいわけではないようです。

試しに時子の口元に指を差し出してみると、時子は指をなめ始めます。

時子が指に付いている垢を食べていることに気が付いた武村は、安堵してベッドに横たわり………。

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第10話はここまで!
図書館館長
図書館館長
第10話では、やはり時子の体はエロさはたまりませんね。
そりゃ大きな胸を股間に押し付けられて、平気な男はいないでしょう。
体を舐められながら、柔らかな胸で挟まれれば反応するなと言う方が難しいことですよね。
武村のものを加えているときの時子の胸の揺れ方もリアルで、エロさ倍増です。

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』10話「時子」感想まとめ

深月を淳史に託したことをくだらないと口にした武村ですが、絶対気にしていますよね。

ずっと一緒に生活していたのですから、情が移るのは当然です。

何度も抱いてきたことで、もしかしたら愛情も沸いているかもしれません。

武村自身は気が付いていないようですが、だからストレスが溜まっていたんでしょう。

それにしても時子はどうして人を食べようとせず、垢を食べようとするのでしょうか。

ゾンビになってから何度も武村が抱いたせいで、それが生きる糧だと認識したと言うことでしょうか。

そう考えるとゾンビは成長の早い細胞体といった感じなんですかね。

それにしても時子は本当に自分で拘束を解いたのでしょうか。

他の誰かがやったような気がしてならないんですけど。

他の誰かが時子を解放したのなら、武村以外にもゾンビに襲われない人物がいるということですよね。

それとももしかしたら知性を持ったゾンビが時子に接触したとかでしょうか。

武村はあまり気にしていなかったようですけど、気になりますよね。

そして今後 市役所に戻った武村が深月とどうかかわっていくのでしょう。

市役所にも何か問題が発生しそうな予感がします。

\『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第10話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認してみてくださいね♪

error: Content is protected !!