BL漫画

【蛍火艶夜】1話ネタバレ|カメラマンの淀野は特攻隊員の志津摩に惹かれ…?

バンチコミックスで掲載中の『蛍火艶夜(雨瀬シオリ先生)』第1話のネタバレと感想をまとめました。

この記事では『蛍火艶夜』のあらすじのネタバレを含む内容となっています。『蛍火艶夜』を漫画で楽しみたいという方はコミックシーモア>>なら初回登録なら今すぐ70%オフで読むことができます!

\『蛍火艶夜』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

【蛍火艶夜】全話ネタバレ|最新話から最終回や結末まとめバンチコミックスで掲載されていた雨瀬シオリ先生の作品『蛍火艶夜』の1話から最終話までのネタバレと感想をまとめました。 \『蛍火...

『蛍火艶夜』第1話「田中志津摩一飛曹」あらすじネタバレ

♦田中志津摩との出会い

1945年の3月、カメラマンの淀野は新聞に載せる写真を撮る為、徳島の特攻隊基地を訪れていました。

淀野がそこで出会ったのが、特攻隊員の田中志津摩でした。

 

国民の士気を上げる為、真実ではなく「宣伝用」の見栄えのする兵隊の写真ばかり撮っていた淀野。

志津摩の整った顔立ちは、被写体としてピッタリです。

さらに志津摩は被写体に選ばれたのが嬉しかったようで、その日以来二人は日に日に親しくなっていきました。

 

しかし志津摩は特攻隊の象徴である白い絹の襟巻をしておらず、首に巻いているのはいつも黒色の襟巻。

その為写真映えしない志津摩は、一度も紙面に載った事はなかったのです。

それでも志津摩の事がすっかり気に入った淀野は、たとえ仕事で使えないと分かっていても、志津摩の写真を撮る事が嫌ではありませんでした。

♦淀野の変化

特攻隊員は淀野よりもはるかに若い青年ばかり。

未来ある青年が死に向かっている様子を目の当たりにした淀野は、やがて精神を病んでしまいます。

 

ある日、入浴中の志津摩の姿を目撃した淀野。

いつものように人懐っこく話しかけてくる志津摩に、淀野は何とも言えない感情を抱いてしまったのです。

♦黒色の襟巻の秘密

その夜、一服していた淀野の元へやって来た志津摩。

志津摩は淀野の心情を指摘すると、もう死にゆく覚悟が出来ている事を打ち明けます。

そして困惑する淀野に、首にいつも巻いている黒色の襟巻について語り出したのです。

 

この襟巻は、先に出撃した人が遺した遺品である事、さらにその人と特別な関係だった事を打ち明ける志津摩。

彼は不安になるといつも志津摩の首筋の匂いを嗅ぐ癖があり、それがたまらなく好きだったと言います。

 

さらに志津摩は動揺する淀野に顔を近付けると、彼と同じように首筋の匂いを嗅ぎだしたのです。

混乱する淀野に、自分にも同じようにして欲しいと訴える志津摩。

いつしか志津摩に特別な感情を抱いていた淀野は、彼の望みを受け入れます。

♦忘れられない一夜

淀野に首筋を嗅がれながら、自らの股間をしごいていく志津摩。

さらに興奮した志津摩は淀野にズボンを脱ぐよう要求し、更なる望みを伝えます。

志津摩の望みなら何でも叶えてあげたくて、言われるまま行動に移す淀野。

 

二人が交わってしばらく経ち、志津摩には特効命令が下ります。

しかし淀野は、志津摩が果てる際に発した「やぎさん」という名前が頭から離れなくなってしまい…?

図書館館長
図書館館長
『蛍火艶夜』第1話のネタバレはここまで!続きが気になる方は電子書籍サービスの入会特典でお得に読むことができます!
『蛍火艶夜』第1話は、志津摩の望みを受け入れていく淀野。
二人の絡みが濃厚で、また志津摩の表情が色っぽくて目が離せませんでした!

淀野と交わっている間、志津摩は「やぎ」の事を思い出していたのでしょうか?
特攻隊として出撃する直前に少しでも彼の望みが叶ったのなら、少し報われる気がします。
特に果てる瞬間の志津摩の表情が切なくて必見です!

\『蛍火艶夜』まるっと1話分を70%OFFで読む/

『蛍火艶夜』第1話「田中志津摩一飛曹」あらすじ感想

♦太く短い生涯

特攻隊とBLものというのが結びつかなかったのですが、読んでみて本当に良かったです!

表紙の志津摩の切ない表情…あんな表情を彼にさせていたのは、想い人である「やぎ」だったのでしょうか。

 

元々はカメラマンと被写体として親しくなった淀野と志津摩。

人懐っこい性格の志津摩がどこか寂し気に見えるのは、「やぎ」のせいかもしれません。

若くても年を取っていても、命を失う事は恐ろしいはずです。

それなのに志津摩が死に急ぐのは、それ程に「やぎ」の存在が大きかったからでしょうか。

 

ただの被写体でしかなかった志津摩に、どんどん惹かれていく淀野。

志津摩の裸を見た事で心境に変化があったように見えましたが、元々男に興味のなかった淀野が志津摩と一線を越えてしまったのは、極限の精神状態に置かれていたからに思えます。

 

また、志津摩も淀野の心境の変化を敏感に感じ取ったようです。

淀野に黒い襟巻の秘密を打ち明ける時の、志津摩の寂しそうな表情が頭から離れませんでした。

混乱する淀野に向ける志津摩の表情が色っぽくて、いつしか釘付けに。

あんな表情で見つめられたら、淀野でなくても受け入れてしまいそうです!

 

元々志津摩も男に興味はなかったようですが、「やぎ」を受け入れたのは、彼の心の闇を埋める為だったのかもしれません。

死に向かう際、黒い襟巻を遺していった「やぎ」。

志津摩が最後までこの襟巻を手放さなかった事も「やぎ」への想いの強さが伺えて、すごく切なくなりました。

 

二人はどちらも若くして旅立ってしまいましたが、天国で再会できたでしょうか。

短い人生でも、二人が巡り会った事で濃厚な日々を過ごせたかと思うと少し救われるような気がします。

♦志津摩を失った淀野

作品内では、志津摩と一線を越えた後の淀野の姿も描かれています。

志津摩と関係を持ったのは一度きりで、その後志津摩には特効命令が出された為、二人は二度と会う事はありませんでした。

しかし志津摩を失った後の淀野の行動が…想像以上のもので驚いてしまいました!

 

気が弱く人の良さそうな淀野の末路が凄すぎて、ゾクゾクするラストになっています。

変わり果てた淀野に、言葉では表せない程に衝撃を受けたので、是非本編で確かめてみていただきたいです!

 

個人的に、作品内では名前しか出なかった「やぎ」が凄く気になります。

表紙の志津摩にあんなにも色っぽくて切ない表情をさせる「やぎ」。

志津摩が生前夢中になった「やぎ」がどんな人物だったのか、是非知りたいです!

もし続きがあるとしたら、志津摩と「やぎ」の出会いから別れまでも描いて欲しいと思います!!

\『蛍火艶夜』まるっと1話分を70%OFFで読む/

※月額登録で20,000円分のポイント還元実施中です。会員登録は4STEPで完了します。

当サイトは漫画を購入して読むことを推奨しております。ネタバレは作品の途中までの内容となっておりますので、続きが気になる方は電子書籍サービス入会特典などを使ってお得に読まれてください。

*漫画を無料で読む方法*
サービス名 特典
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
コミックシーモア
★月額メニュー登録で20000pt還元
★無料会員登録で70%OFFクーポンGET
★新規自動購入で10%ポイント還元
★レビューを書いて最大1000ポイントGET
★TL.BLジャンルの漫画が豊富◎
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクありU-NEXT ★31日間無料トライアル登録で600円分のポイントGET
★毎月1200ポイントGET
★漫画購入は最大40%ポイント還元
★映画・ドラマ・漫画が閲覧可能◎
無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
まんが王国
★ポイント購入で9000P還元
★毎日最大50%OFFクーポンGET
★毎日日替わり30%タイムセール
★3000作品以上が無料で試し読み可能◎

上記のサービスの特典を上手く組み合わせれば読みたい作品を全巻無料で読むことも可能です。

気になる作品がいずれかのサービスで先行配信されていないか確認してみてくださいね♪

error: Content is protected !!